早期妊娠検査薬

妊娠線のできる場所

 

妊娠線はというのはできる場所がある程度決まっているものです。
最も多いのは下腹部です。

 

妊娠によって急激にお腹が膨らんだことで、お肌が断裂してしまうのです。
妊娠線が出来た妊婦さんというのはその大半が下腹部にできるといわれています。

 

1本だけでなく何本も妊娠線ができるようなこともあります。
お腹はお手入れがしやすいのですが、下腹部に関しては注意が必要です。
お腹が膨らんだ下の部分になりますので、目視しにくいだけでなくお手入れをしにくい場所です。

 

そのため出産後になって妊娠線にはじめて気づいた!
という方も少なくないようです。

 

また、妊娠線というのは意外と太ももにもよくできるのです。
妊娠線というのは太りやすいところにできやすいですので、太ももにももちろん妊娠線はできてしまいます。
妊娠中にはお腹が邪魔になってしまい、太ももの妊娠線をケアすることが難しい場合もあります。

 

もちろんお尻にも妊娠線はできます。
お尻というのは自分で目視することが難しい箇所でもありますので、お尻の妊娠線に気付けない人も多いですので、旦那さんやご家族にお尻の妊娠性をチェックしてもらうようにするというのも良いかもしれませんよ。

 

そのことを是非覚えておいてくださいね。


早期妊娠検査薬