早期妊娠検査薬

簡単で手軽でおすすめの排卵検査薬

 

排卵検査薬は、尿に含まれているLH(黄体化ホルモン)に反応し、排卵日を予測するアイテムとなっています。その種類は多くなっており、反応の感度も異なりますが、通常は尿中のLH値が30〜40以上になると、陽性反応が出るようになっています。LHは常に体内に存在しており、平時は基準値を下回っているわけですが、排卵の直前になると分泌量が急増するようになっています。
この現象を「LHサージ」といい、排卵検査薬に陽性反応が出る事になります。排卵検査薬を使用する上で大切なことは、定期的に測ることだと言えます。特定の時期になったら、毎日規則的に測定することが正確な予測には必要になるわけです。そして、検査薬を使い始めるタイミングとしては、自分の生理周期を基に決めておくことで、無駄無く検査を行えます。

 

生理周期が規則的な場合、通常は、排卵日は次回の生理開始予定日の14日前となリます。その場合、排卵検査薬を使い始めるタイミングは、それから3日ほど前の17日前にするのが良いとされます。さらに確実に排卵の状況を把握したければ、生理が終わったあたりから検査薬を使い始めるのがオススメです。

 

一方、排卵周期が不規則な場合は、次回の生理開始日が簡単には予測できないので、過去の最短周期を参考にすると良いと言えます。そして、その生理予定日の17日前から検査薬を使用すればよいわけです。

 


早期妊娠検査薬