早期妊娠検査薬

排卵検査薬を使っての男女の産み分け方法

 

排卵検査薬は尿の中に含まれている黄体形成ホルモン(LHホルモン)を濃度を検査して、排卵日の兆候を検査する薬です。黄体形成ホルモンは基本的に体内に常に存在していて排卵の直前にその濃度が最も高くなるという特徴があるので、排卵検査薬は濃度の高くなった黄体形成ホルモンを検知することで排卵日の兆候を知ることができます。

 

排卵後の卵子の寿命は約24時間といわれており、その間に卵子と精子が出会うことで受精へと繋がるので、排卵の時期を正確に調べることで受精の可能性を高めることができます。また、排卵検査薬を使用して排卵日を正確に知ることで男の子と女の子の産み分けもある程度可能となります。

 

精子にはY染色体を持つY精子とX染色体を持つX精子の2種類があり、それぞれに異なる特徴があります。Yは男の子、Xは女の子を作る遺伝子です。Y精子は寿命が短く酸に弱く、X精子は寿命が長く酸に強いという特徴があります。なので、男の子を授かりたい場合には卵子と精子の寿命を踏まえて排卵日前日の夜、もしくは排卵日当日に性交渉をする必要があります。

 

また、女の子を授かりたい場合には排卵予定日の2~3日前に性交渉をすることが必要となります。

 

 


早期妊娠検査薬