早期妊娠検査薬

排卵検査薬の正しい使い方

 

排卵検査薬をきちんと使用すると妊娠したい人にとっては妊娠の確率が高まるため、効果的です。しかし、使い方を間違うときちんと排卵を確認することができませんので知っておく必要があります。まず、排卵検査薬の仕組みですが排卵直前に黄体形成ホルモンというものを急激に分泌させます。

 

そのため、排卵前になると血中や尿の中に含まれるため、検査薬を使用することで排卵日を予測することができます。使い方としては尿をかけて測定する検査薬は1箱に大体7本入っているので排卵が起こるまで検査を続けると効果的です。月経周期が28日であれば生理が終わって大体11日後から検査を開始します。

 

また、基礎体温と併用すると使用するタイミングが分かりやすくなります。次に検査方法は紙コップなどに採尿部をつけてしみこませた後、10分ほど時間をおいて検査結果を待ちます。それ以上おいても結果は確実性を失いますので意味がありません。次に判定方法ですが、検査薬の種類でも異なる場合がありますが基本的に尿がきちんとかかっているかの確認ラインが出ます、その後結果が陰性であれば結果ラインは出ませんので陽性ラインが出るまで検査を続ける必要があります。正しい方法をしっかり理解して使用することが確実な結果に導きます。


早期妊娠検査薬