早期妊娠検査薬

卵子が受精できるタイムリミット

 

卵子が受精することができるのは、排卵後から24時間が経過するまでだと言われています。
つまり、卵子の寿命というのは決して長くはないのです。

 

この卵子が受精できるタイミングで精子としっかりと出会えるようにセックスをしなければなりません。
そして妊娠を狙うのは基礎体温から排卵日をある程度予測してタイミング法を用いるようにしましょう。
排卵のタイミングを確実に予測するというのは実は非常に難しいことなのです。

 

卵子の寿命が短いですので、確実に排卵日を調べるためには、排卵検査薬を使用するのが良いでしょう。
基礎体温を測定して大雑把に排卵日を予測します。
そして排卵日に近づいてきた段階で排卵検査薬を使用して排卵されているのかどうかを判断します。

 

排卵検査薬というのは高額な場合が多いですので、お財布に優しい排卵検査薬を使用するのであれば、外国製のものが良いでしょう。

 

射精後、精子が卵子が待っている場所まで辿り着くためには、5時間がかかるといわれています。
そのことを考えても、排卵日よりも前にセックスをしてから、排卵される瞬間にはすでに精子がスタンバイできている、という状態がベストです。
このタイミングを把握しておくためにも、排卵検査薬や基礎体温チェックというのは欠かせないのです。


早期妊娠検査薬