早期妊娠検査薬

卵子が老化するってなに?

 

卵子というのは体と同じように老化していきます。
また、卵子は数が増えることはありません。

 

生まれた時に200万個あった卵子というのは、1ヶ月の間で1000個も現象すると考えられています。
現象はしても、増えることはないのです。

 

35歳では2万5千個までに現象するということがわかっているのです。
年齢が上がればそれだけ妊娠しにくくなるということがわかっているんですよ。

 

年齢が上がると卵子というのは形がいびつになってしまい、卵子自体の機能が著しく低下してしまうようになります。
20歳の頃であればきれいで丸い形だったものも、形がいびつになってしまい、卵子を作っている顆粒膜細胞が増えるようになります。

 

さらに、加齢によって卵子の機能自体も低下していくようになります。
それだけ高齢出産というのはリスクが高いということなんですよ。

 

この卵子の老化を防ぐためには、やはり体を冷やさないことです。
体を冷やすと、血行不良になりますし、代謝も低下してしまいます。

 

代謝を上げるためには、有害物質をスムーズに排出することが重要です。
有害物質を排出することで、より効果的に代謝をアップさせることができるようになりますよ。
このことをぜひ覚えていてくださいね。


早期妊娠検査薬