早期妊娠検査薬

乳児湿疹になったらまず受診を

 

乳児湿疹の種類は本当にたくさんあります。
そして、赤ちゃんのほとんどが乳児湿疹を経験します。
ただ、洋服のこすれや気温の差など少しの刺激でも湿疹を起こしやすい乳児期には、この症状だとこの疾患と特定できないのが難点です。

 

一番いい判断はお医者さんへ行くこと。

 

湿疹ができ、数日たっても良くならない場合はお医者さんに行くのが賢明です。

 

自己判断でケアをしてしまうとかえって悪化することがあるからです。
お薬に抵抗があるママさんもいると思いますが、薬に頼らない改善方法やアドバイスもお医者さんはしてくれます。
一度、プロに見てもらい、判断するのが安心です。

 

そこで、何科を受けたらいいのか・・・。

 

皮膚疾患ですので皮膚科とも思えますが、生まれて数カ月たち首も座っている赤ちゃんなら、一般の患者さんも一緒の皮膚科がいいかもしれませんが、生まれて間もない場合は小児科、もしくは出産した産院にある小児科を受診するとよいと思います。

 

生まれて間もない場合は、小児科であればその他の異常にも気付いてもらいやすいですし、新生児の場合、待合でも、細菌感染に考慮して別室を案内してくれるところが多いです。

 

 

乳児湿疹のケアの仕方

 

では、お医者にかかり、乳児湿疹と診断された場合、どのようなケアがあるでしょうか?

 

ケアの方法は、疾患の種類だけ様々あります。
その中でも、多くの赤ちゃんが該当する一過性の乳児湿疹と脂漏性湿疹。

 

この乳児湿疹は乳児湿疹の中でも多いもので、顔や頭部にポチポチと赤い湿疹ができたり、頭皮の中やおでこ、まゆ毛のあたりにかさぶた状の湿疹ができます。

 

これはある程度の期間湿疹が続き治っていくものです。
しかし、ケアを怠ると長期化したり悪化したりして、赤ちゃんもかゆみで不機嫌になり、泣いてばかりになる可能性も・・・。

 

この湿疹と判断された場合のケアの方法をご紹介します。


早期妊娠検査薬


乳児湿疹のケア記事一覧

 

肌を清潔に保つまず、沐浴時の洗顔を見直します。お腹にいた時にママのホルモンの影響を受け皮脂がたくさん出て、それが原因の一過性の湿疹の場合は、丁寧に洗うことがポイント。その際、洗顔は石鹸で。新生児のうちは赤ちゃんも無理に顔を石鹸で洗う必要はないという人もいますが、乳児湿疹の場合は、皮脂を落とさないとニキビのように余計に湿疹がでてしまいます。赤ちゃんの肌を清潔に保つためにも、石鹸での洗顔にトライしまし...

 
 

沐浴の後の保湿続いてですが、沐浴でよく洗浄した後は保湿です。赤ちゃんの肌は洗浄の後、潤いを失います。大人が洗顔した後突っ張る。あれは乾燥が原因です。それと同様、沐浴の後はとても薄い赤ちゃんの肌です。潤いも逃げてしまいます。潤いが逃げたままだと、肌のバリア機能が低下し、外部刺激をさらに受けやすくなってしまい、湿疹を悪化させるとともに、ガサガサと肌荒れも起こしてしまいます。ベビー用のローション、乳液や...

 
 

湿疹が多く出るのは乳児期の赤ちゃん。母乳は赤ちゃんに不可欠な栄養源。しかし、粉ミルクと違い、ママの母乳はその日の体調や、その日食べたもので大きく変化します。授乳中にコーヒーなどカフェインの多いものやサプリメントの使用は避けた方がいいのはこのためです。乳児湿疹が出た時には脂っこい物や甘いものを控えてみましょう。これは、赤ちゃんの腸は未成熟なため、飲んだおっぱいをうまく分解できず、本来栄養となるべきも...

 
 

アトピー性皮膚炎のケア・湿疹がなかなか治らない・湿疹がジクジクしてきた・全身に広がってきた・乾燥してガサガサ・とても痒くてかきむしってしまう。・家族にアトピーの人がいるこのような症状の場合、一過性の乳児湿疹ではなく、アトピー性皮膚炎の可能性があります。アトピー性皮膚炎のはかゆみとの勝負でもあります。かゆみと二次感染を要望することにより、症状の悪化を食い止めます。アトピー性皮膚炎の治療には一般的な皮...

 
 

最善のケア乳児湿疹でお医者さんを受診しても症状の様子や経過、見た目などから診断されることが多いです。現にうちがそうでした。ほっぺ派少しジクジクしていて、体にもポツポツ。もう、明日にでもよくしてあげたい!検査できるんだったらしてほしい・・・。そう思わずにはいられませんでした。もしかしたら、アトピー!?であれば、検査してすぐ治療したい。その時私は、わが子の湿疹を治したいという気持で焦っていました。しか...