早期妊娠検査薬

ステロイド、ママたちの間では評判が良くありません。

 

乳児湿疹は生後1カ月前後頃から発症が高まり、発症してから治るまでの期間は個人差があります。
短いもので数週間。1~3カ月かかる子もいますし、1年近くかかる子もいます。
1歳になる頃までには治るともいわれ、ママのホルモンの影響もあるので、その差はひらいています。

 

2カ月続いていたり、良くなったり悪化したりを繰り返す場合、一過性の乳児湿疹や脂漏性湿疹ではなく、アトピー性皮膚炎の可能性も高まるようです。

 

乳児湿疹は放っておいて良くなるものではなく、肌を清潔にしたりおっぱいに含まれる食事の内容を見直したりすることで改善していきます。

 

しかし、患部がじくじくしてきたり、ただれたり、かきむしりで傷になり血や膿がにじんだりったりと、ホームケアだけでは悪化が食い止められない場合があります。

 

軽い症状であれば、ワセリンという保湿剤や非ステロイドのクリームや軟膏、ローションを処方されることが多いですが、患部がジクジクしていたり、湿疹の範囲が広かったり、ただれていたりする重度の湿疹時に処方される有効薬が『ステロイド』という薬です。
患部の炎症を鎮め、症状を緩和させる働きがあります。
効き目も、もともと抵抗力の弱い赤ちゃんにとっては、薬の効き目も抵抗する力がない分良く効きます。赤ちゃんによっては、塗れば一晩で改善するくらいの効果を持っています。

 

でも、このステロイド、ママたちの間では評判が良くありません。

 

それはなぜなんでしょう。

 

ステロイドとは

 

腎臓上部にある副腎とういう臓器の外側の部分で皮質といわれるところで作られるホルモンです。

 

そのため、副腎皮質ホルモンとも呼ばれています。

 

通常の状態でも常に体内で作られていて、体に対するいろいろなストレスに対抗するなど、生きる上でとても重要な働きがあります。

 

このホルモンのうち、糖質コルチコイドという成分を化学合成させたものを“ステロイド剤”として治療に用います。

 

このステロイドは、全身の複数の臓器に炎症がおこり臓器の障害をもたらす膠原病の治療に一番有効な薬です。

 

作用としては炎症を鎮め、免疫を抑制するといたものがあります。
そのため、湿疹やアトピーなど肌疾患にも用いられます。


早期妊娠検査薬


乳児湿疹のステロイド使用の賛否について記事一覧

 

ステロイドの種類ステロイドには内服薬、外用薬、ステロイド注射などがありますが、皮膚の疾患の場合外用薬がほとんです。症状によってステロイドも強さを調整していきます。効き目の強弱によって5段階に分かれます。赤ちゃんに処方されるのは基本的に弱い方から1~3段階までの効き目が穏やかなものです。《処方されている主なもの》●非常に弱い・コルテス・オイラックスH などこのランクで改善したら保湿剤に切り替え●弱い...

 
 

ステロイド薬はなぜ怖いと思われているのか「一度使うと、やめられなくなる」「体に蓄積する」「色素沈着する」「皮膚が薄くなる」・・・など、ステロイド薬にまつわる副作用は、都市伝説のように世の中に広がっています。デメリットとしては●ステロイドには多様な作用があるため、それが強く働くと副作用として現れます。脂肪を増やす作用はムーンフェイス、糖を作る作用は糖尿病、カルシウムの排出は骨粗しょう症など。●。自分...

 
 

ステロイドとの上手な付き合い方大切な大切な赤ちゃんの肌です。とてもデリケートですし、何かあって今後の人生を悲観して歩むようになってしまったら、あの時自分がステロイドを使わなければ・・・。と効果にの念にさいなまれてしまいます。そんな後悔をするくらいなら、使わずに治した方がいい。そう思う人も少なくないと思います。確かに、ステロイドのは漢方のように自然の物ではないですし、人工的に作り出されたもので、使用...

 
 

それぞれの治療法それでもステロイドは嫌だというアンチステロイドのママもいます。使いたくないと拒否する人に、お医者さんは無理にはステロイドをすすめません。あくまでステロイド治療は乳児湿疹治療の有効な治療法の一つ。中にはステロイドが有効ではない湿疹もあります。湿疹ケアの部分でアトピーの治療としてあげたものを例にすると、・ステロイドに変わる軟膏治療のプロトピック治療・肌疾患に有効な成分を含む温泉療法・活...