早期妊娠検査薬

干物女、負のスパイラル

 

女性の体はデリケートというかダイナミックというか、どう言うべきか分かりませんが、ストレスなどによる心の変化で生理や排卵が止まったり、好きな異性を前にすると生理が順調になったりすることがあるようです。

 

恋愛するのが面倒で、今は性欲もあまりないというときも、ダイレクトに生理や排卵に影響してもおかしくないはず。それはつまり、女性の生殖機能にとって特に重要であるエストロゲンやプロゲステロンなどと言ったホルモンには何かしらの影響が出ている可能性があるということかもしれません。

 

これらのホルモンは生理周期や排卵のタイミングを司っているだけでなく、女性らしい体つきや美しい肌や髪の毛を作る役割も担っています。女性ホルモンが豊富な女性は顔つきも柔らかく、かわいらしい印象になるのだとか。

 

女性ホルモンが足りないから恋愛に興味がなくなったのか、恋愛から遠ざかったから女性ホルモンが減ったのか、その因果関係は人によって様々でしょうが、いずれにせよ、自分は今女性ホルモンが足りていないんじゃないかという自覚がある方は少し焦った方が良いかもしれません。

 

言わずもがなと言ったところですが、今はあなたの方に恋愛に対するアンテナがなくても、それが元で女性ホルモンが抑えられているとしたら、あなたの女性的な魅力は見る見る小さくなって行っていると言っても良いでしょう。

 

ときに男化とか、女を捨てていると冗談めかして言う方もいますが、それも冗談でなくなってしまうのです。

 

今後いざ恋愛が始まったとき、もしくは決して熱い恋ではなくてもパートナーが欲しいと思ったとき、あなたの体や顔つきは女性らしさとはかけ離れたものになっているかもしれません。女性ホルモンが足りないと、固く、肌や髪にツヤもなく、声も低くなるそうです。女性らしさを作るのは女性ホルモンですから、女性らしさの反対に向かうと思えば良いのです。

 

あなたは恋愛に興味がない女性ではなくて、恋愛が出来ない女性と見られてしまうかもしれません。例え強がりでなく恋愛に興味がなかったとしても、周りはアレじゃモテないのも無理がないよね、というような見方しかしてくれなくなってしまうのです。それはちょっと嫌ですよね。


早期妊娠検査薬