早期妊娠検査薬

まずは排卵検査薬で排卵チェック

排卵検査薬は、排卵前に上昇すると言う女性ホルモンであるプロゲステロンの量を察知して、陽性か陰性の判断を返すものがほとんどです。

 

黄体ホルモンの量が十分でなければ排卵は起こっていないという判断で良いと言うこと。

 

何も、普段恋愛から遠ざかっていて、女性らしさを忘れがちだからと言って、必ずしも女性ホルモンが減少しているとか、排卵していないということではありません。しかし、女性ホルモンと排卵とはかくも密接に関わっていることなので、子供を産む気があるのなら、避けては通れない課題になるかもしれないということです。

 

とは言え目に見えない女性ホルモンの話など雲をつかむような話ですから、まずは排卵検査薬を使うことをおすすめするのです。

 

排卵さえ正常にしていれば、あなたにとって女性ホルモンの過多などそれほど気にすることはないでしょう。わざわざ努力して、女性らしさを手にいれようとする必要はないのです。もちろん、これを機に女性ホルモンについてもっと意識した生活を送っても良いかもしれません。

 

妊娠できる体を持っているという事実は何にせよ嬉しいものではありませんか。もし、ずっと今のままで、本当にこれから恋人が出来ず、子供も作れなかったらどうしようと少しでも思うのなら、あなたの中にある女性的なものを大事にしてください。

 

少しでも自分が女性であることを認識すれば、きっと体もそれに反応しますし、あなたの意識も少しずつ変化すると思います。それはそのまま女性ホルモンの変化で、もし女性ホルモンの分泌を活発にしようと努力すれば、見た目もさらに美しくなり、体つきも顔つきも柔らかくなり、自信がつけば、恋愛欲求が高まるかもしれません。

 

今は恋愛に興味なくても、あなたの女性的な部分はどうでしょうか。少なくとも子供を作る準備はできているとすれば、自らの手で女性を捨てることはありません。

 

排卵検査薬は安いもので結構です。まずは気軽に、妊活以前に、自分の体が女性として機能しているかどうかだけでも、試してみてはいかがでしょうか。

 

意識すべきは精子と卵細胞の寿命の差です。

 

精子に比べて卵子の方が寿命は短く、受精する能力を失うのも早いです。一般的には排卵後6時間程度がもっとも新鮮な状態だと言います。対して精子は、個人差こそあれ、3日程度ならば生きて活動できると考えて良いと言います。

 

例えば排卵日を特定できたとして、それが朝一に起こったらどうでしょう。旦那様の帰りを待つ夜になるころには、タイミングを失っていることになります。

 

だからこそ、精子を受け入れるのは排卵が始まる前、というのが一般的な考えです。精子があらかじめ待ち受けている状態です。

 

排卵検査薬が妊娠の確率を上げるのは、排卵前に上昇するという黄体ホルモンの量に反応して結果を返してくれるからです。つまり、はっきり排卵日を特定する必要はなく、その前日、もしくは前々日を特定出来れば十分。

 

ワンステップ排卵検査薬でも十分だという理由はこういうことでもあります。


早期妊娠検査薬