早期妊娠検査薬

乳児湿疹になったらまず受診を

 

乳児湿疹の種類は本当にたくさんあります。
そして、赤ちゃんのほとんどが乳児湿疹を経験します。
ただ、洋服のこすれや気温の差など少しの刺激でも湿疹を起こしやすい乳児期には、この症状だとこの疾患と特定できないのが難点です。

 

一番いい判断はお医者さんへ行くこと。

 

湿疹ができ、数日たっても良くならない場合はお医者さんに行くのが賢明です。

 

自己判断でケアをしてしまうとかえって悪化することがあるからです。
お薬に抵抗があるママさんもいると思いますが、薬に頼らない改善方法やアドバイスもお医者さんはしてくれます。
一度、プロに見てもらい、判断するのが安心です。

 

そこで、何科を受けたらいいのか・・・。

 

皮膚疾患ですので皮膚科とも思えますが、生まれて数カ月たち首も座っている赤ちゃんなら、一般の患者さんも一緒の皮膚科がいいかもしれませんが、生まれて間もない場合は小児科、もしくは出産した産院にある小児科を受診するとよいと思います。

 

生まれて間もない場合は、小児科であればその他の異常にも気付いてもらいやすいですし、新生児の場合、待合でも、細菌感染に考慮して別室を案内してくれるところが多いです。

 

 

乳児湿疹のケアの仕方

 

では、お医者にかかり、乳児湿疹と診断された場合、どのようなケアがあるでしょうか?

 

ケアの方法は、疾患の種類だけ様々あります。
その中でも、多くの赤ちゃんが該当する一過性の乳児湿疹と脂漏性湿疹。

 

この乳児湿疹は乳児湿疹の中でも多いもので、顔や頭部にポチポチと赤い湿疹ができたり、頭皮の中やおでこ、まゆ毛のあたりにかさぶた状の湿疹ができます。

 

これはある程度の期間湿疹が続き治っていくものです。
しかし、ケアを怠ると長期化したり悪化したりして、赤ちゃんもかゆみで不機嫌になり、泣いてばかりになる可能性も・・・。

 

この湿疹と判断された場合のケアの方法をご紹介します。

 

肌を清潔に保つ

 

まず、沐浴時の洗顔を見直します。

 

お腹にいた時にママのホルモンの影響を受け皮脂がたくさん出て、それが原因の一過性の湿疹の場合は、丁寧に洗うことがポイント。
その際、洗顔は石鹸で。

 

新生児のうちは赤ちゃんも無理に顔を石鹸で洗う必要はないという人もいますが、乳児湿疹の場合は、皮脂を落とさないとニキビのように余計に湿疹がでてしまいます。
赤ちゃんの肌を清潔に保つためにも、石鹸での洗顔にトライしましょう。

 

沐浴もまだ慣れていないころだと、目に入らないだろうかととても臆病になってしまいますが、大丈夫。
手順はこんな感じです。

 

  • ① まずは石鹸を良く泡立てます
  • ② ほっぺや鼻の頭、おでこをクルクルっとゆびでやさしくなでるように洗います。あごの下や首も忘れずにクルクル。
  • ③ すすぎは、ガーゼハンカチにきれいなお湯をふくませ、軽くしぼり、そっと拭き取ります。一度に拭き取ろうとすると雑になってしまうので、なんども、ガーゼをすすぎながら落としていきます。

 

石鹸で洗う時にはすすぎが肝心。
すすぎ残しがあると、かえってそれが新たに湿疹の原因にもなってしまします。

 

また、使用する石鹸ですが、赤ちゃん用でも、ポンプタイプの泡で出るタイプが店に多く並びますが、固形石鹸が一番いいそうです。石鹸のタイプは赤ちゃんの肌によって合う合わないがあるので使ってみないと分かりませんが、新生児の薄い肌でも安心して使えるのが固形石鹸です。

 

通常、石鹸のあのアワアワは海面活性剤の成分によって泡立ちます。しかし、海面活性剤が多く入っていると、すすぐ時に成分が落ちにくくなるそうでそれがすすぎ残しにつながるようです。

 

固形石鹸は自分で泡立てるので海面結成剤の含有量が非常に少なく、乳児湿疹の赤ちゃんの肌にもやさしいと小児科で聞きました。

 

うちの子供は新生児のころ、ピジョンの石鹸は肌に合わなかったので、キューピーちゃんの絵が目印の牛乳石鹸キューピーベビーシリーズを使ってしました。

 

香料が若干入っていますが、その香りがまた、生まれたばかりの赤ちゃんの優しい香りを思わせ、使っていてとても心地よくなりました。

 

脂漏性湿疹の場合は沐浴でかさぶた部分をごしごし洗ったり、無理にはがしたりしないように。無理にはがすとそこからばい菌が入ったりします。

 

入浴の前にコットンや麺棒でかさぶたになっている部分にベビーオイルしみこませましょう。30分くらい置くとかさぶたが浮き上がってきます。あとは沐浴でやさしく落としてあげます。

 

沐浴の後の保湿

 

続いてですが、沐浴でよく洗浄した後は保湿です。
赤ちゃんの肌は洗浄の後、潤いを失います。

 

大人が洗顔した後突っ張る。あれは乾燥が原因です。
それと同様、沐浴の後はとても薄い赤ちゃんの肌です。
潤いも逃げてしまいます。

 

潤いが逃げたままだと、肌のバリア機能が低下し、外部刺激をさらに受けやすくなってしまい、湿疹を悪化させるとともに、ガサガサと肌荒れも起こしてしまいます。

 

ベビー用のローション、乳液やクリームを沐浴からあがって5分以内につけてあげるとベストです。

 

一度塗ったからといって保湿剤はずっと持続するものではありません。

 

朝起きて顔を拭いた後、食事やミルクの後、お出かけの前後、おむつ替えの時などこまめな保湿がポイント。

 

病院では保湿やかゆみを抑える目的で非ステロイドのアンダーム軟膏や保湿ローションを処方されることもありますが、市販の保湿アイテムを購入する場合には、赤ちゃんの肌に合った無添加のものを選びましょう。

 

ワセリンやオリーブ油なども効果がありますが、馬油は子どもがなめても安全無害なのでお勧めです。

中でもお勧めは、マドンナのベビーバーユ

 

ベビーバーユは馬油です。
馬油は字のごとく、馬の油で、古来から炎症を抑え自然治癒力を高める働きがあると言われており、昔からケガやヤケドにも使われていた万能油です。保湿力に優れていることから、今では顔・髪・体など全身に使えるスキンケア商品として広く愛用されています。

 

このベビーバーユは天然成分100%。
低温抽出された馬油に含まれるα―リノレン酸と、植物のオーガニックパルマローザから抽出された、ピュアな植物抽出オイルがバランスよく含まれているナチュラルクリームです。

 

とても肌に優しく、お肌の敏感な0歳から安心して使用できます。

 

無添加・アルコールスリーで安全な食品成分から作られているので、顔に塗ったクリームを口に持っていきやすい赤ちゃんにも安心して使えます。

 

また、この馬油はスキンケア効果だけでなく、おむつかぶれや乳児湿疹、あせもといった肌トラブルにも効果があります。(ママの妊娠繊維も効果あり!)
使用しているユーザーからも、乳児湿疹やおむつかぶれが良くなったと高評価。

 

馬油独特のにおいはまったくなく、アロマの心地いよい香りがとても良く、ベビーマッサージのように、全身に塗っていくと、赤ちゃんもリラックス。

 

ただし、どんなに優しい成分でもお肌に合わない赤ちゃんはいます。
肌に合わないとかぶれを起こしてしまうので、まずは、少量を塗って様子を見ましょう。
痒くて、かきむしった傷がある時も使用はやめた方がいいです。

 

また、病院からお薬が出ている場合はそちらを塗るのが優先です。
これも、お医者さんから出た薬だからといって症状を見ずに塗るのは禁物。

 

使用中は様子を見ながら、範囲が広がったり、症状が悪化するようなことがあれば、薬が合わない可能性があります。

 

再度受診し、お薬を買えてもらうなり、お医者さんに相談しましょう。

 

湿疹が多く出るのは乳児期の赤ちゃん。

 

母乳は赤ちゃんに不可欠な栄養源。しかし、粉ミルクと違い、ママの母乳はその日の体調や、その日食べたもので大きく変化します。

 

授乳中にコーヒーなどカフェインの多いものやサプリメントの使用は避けた方がいいのはこのためです。

 

乳児湿疹が出た時には脂っこい物や甘いものを控えてみましょう。

 

これは、赤ちゃんの腸は未成熟なため、飲んだおっぱいをうまく分解できず、本来栄養となるべきものが、毒素として体外に出てしまい湿疹という症状になります。

 

まずはママの食事を見直しましょう。

  • ① 植物油脂、肉、卵を控えた和食に変える。
  • (脂っこい物の食べすぎは、ママにとっても乳腺炎の原因になります。)
  • ② しっかり噛んで3食をバランスよく食べる。
  • ③ 魚、豆類などしっかり食べ、たんぱく質不足を防止。
  • ④ 野菜は温野菜がベスト。海藻、キノコ類もしっかりとる。
  • ⑤ こうした食事改善で乳児湿疹が良くなれば、ママのおっぱいに脂分が多く出ていて、それが原因で、ニキビのように湿疹の原因を作っていた可能性も出てきます。

 

また、脂っこい物、甘いものを減らしても良くならず、牛乳などの乳製品や卵を食べるのを控えたら良くなってきたというものであれば、アレルギーの可能性もあります。
お医者さんに相談しましょう。

 

アトピー性皮膚炎のケア

 

  • ・湿疹がなかなか治らない
  • ・湿疹がジクジクしてきた
  • ・全身に広がってきた
  • ・乾燥してガサガサ
  • ・とても痒くてかきむしってしまう。
  • ・家族にアトピーの人がいる

このような症状の場合、一過性の乳児湿疹ではなく、アトピー性皮膚炎の可能性があります。

 

アトピー性皮膚炎のはかゆみとの勝負でもあります。
かゆみと二次感染を要望することにより、症状の悪化を食い止めます。

 

アトピー性皮膚炎の治療には一般的な皮膚科だとステロイド軟膏を処方されますが、自宅でのケアはやはり保湿が重要。

 

アトピーは皮膚のバリア機能が低下しているので、皮膚の保湿力がなくなってしまうのが特徴でみあります。

 

皮膚の水分を少しでも蒸発させない様にしっかり保湿。

 

でも、いままで良いと思って使っていたものが悪化の原因になる場合もあります。

 

もう一度見直す必要もあります。

 

その他気をつけることで悪化を防げることは

  • ・肌にあたる衣類や布団、シーツなど素材はコットン100%を選ぶ
  • ・紫外線が直接当たらないようケア
  • (湿疹がひどい場合は直接幹部に日焼け止めを塗らない)
  • ・汗をかいたらこまめにシャワーや着替え
  • ・部屋を温めすぎない(かゆみが増すため。ホットカーペットやこたつは要注意)
  • ・ママのおっぱいによる授乳の場合、ママの諸億時に気をつける
  • (アレルギーケアと同様、反応を見ながら、乳製品や卵、甘いものをなるべく控え和食中心の食生活に)
  • ・いつも爪は短くしておく(かきむしり防止)
  • ・離乳食を食べている場合はアレルゲン物質は避けた食事内容にする

などです。

これらを気をつけることで、症状の緩和、改善も期待できます。

 

しかし、家庭ではなかなか治せないアトピー性疾患。
病院での治療が安心ですが、アトピー治療は病院によって治療方法も異なります。

 

  • ・一般的にはステロイド治療
  • ・ステロイドに変わる軟膏治療のプロトピック治療
  • ・肌疾患に有効な成分を含む温泉療法
  • ・活性酸素を取り除く作用のあるSODを配合したステロイド治療の丹波療法
  • ・西洋医学を駆使したアトピーアソシエイション
  • ・松居一代さんの息子さんが完治した漢方療法
  • ・アレルゲン物質エキスを少量注射し体質改善する減感作(免疫)慮法

 

など、たくさんの治療法があります。

 

どの治療法がいいのか迷ってしまいますが、どんなときに悪化してしまうかパターンを把握することにより、治療法を選択するのに役立ちます。

 

ストレスで悪化、季節的に悪化、食事を食べた時悪化、スキンケアでケアした時悪化など、何をしたときに悪化するかを把握しましょう。

 

年齢、住んでいる地域など発症したタイミングを知ることも重要です。

 

最善のケア

 

乳児湿疹でお医者さんを受診しても症状の様子や経過、見た目などから診断されることが多いです。
現にうちがそうでした。

 

ほっぺ派少しジクジクしていて、体にもポツポツ。

 

もう、明日にでもよくしてあげたい!

 

検査できるんだったらしてほしい・・・。

 

そう思わずにはいられませんでした。

 

もしかしたら、アトピー!?
であれば、検査してすぐ治療したい。
その時私は、わが子の湿疹を治したいという気持で焦っていました。

 

しかし、お医者さんは、様子をみろと言う。
そうしている間にもっとひどくなってしまうかも。
さらに焦りは積もりました。

 

アレルギーテストのメリットは、行うことにより、湿疹の原因を排除できるので有効な手段だというところです。

 

なにより、アレルギー症状は知らずにいると、重篤症状に陥ることもあります。

 

きちんと肌も清潔にし、注意すべきことはみんなしている。なのに湿疹があまりにひどい。

 

良くなってもすぐにぶり返す。1歳になってもまだ直る兆しがない!など悪化から抜け出せない時は、一度、検査を申し出てみるといいかもしれません。
お医者さんによっては申し出があるまで検査を提案しないtころもあります。

 

お医者さんからのアクションを待つのではなく、自ら提案、質問することも大切です。

 

しかしデメリットもあります。

 

まだ症状が軽かったり、症状が出てからの期間が短い場合、乳児湿疹は多くの赤ちゃんに出る症状なので、ほかの湿疹と区別するのが難しく、判断するには早かったり、月齢が小さすぎるとあまり検査の反応が出ないこともあります。

 

目視でアトピーと判断できるまで放っておけないとは思いますが、まだ軽症の場合、赤ちゃんの細い血管を早くからわざわざ傷つけてしまうことはないように思います。
執拗に赤ちゃんにとって不快な検査を率先して受けさせず、いったん経過を見てから検査をするか判断も必要です。

 

少し様子を見てみよう。

 

私は後者に出ました。
少し様子を見てみよう。
毎日ていねいに洗い、保湿しました。
幸いなことにわが子の乳児湿疹は2カ月弱で良くなりました。
今ではつるつるです。

 

親としては、初めの診断とケアで一刻も早く治してあげたい、そのために原因が知りたい!
そのため、ネットで色々検索すると、ほんとに色々情報が出てきて余計に混乱し不安でいてもたってもいられなくなります。

 

かわいいわが子にかかわることですから、不安も憤りも焦りもあります。
でも、赤ちゃんは誰よりもママのことを見ています。
言葉を理解できない乳児期は、ママのちょっとした声のトーンや表情を読み取ることに優れています。
ましてや、ママが不安でいるとその不安が伝わってしまうのです。

 

乳児湿疹は知れば知るほど怖く感じたり、不安を感じる事がありますが、そこに赤ちゃんがいる事をわすれずに、こころにゆとりを持って、症状が軽いものであれば、いったんは経過をみるというのも正しい判断のためには必要な時間だと思いました。

 

そもそも人の免疫は精神的なものが大きくあります。
生き生きと前向きにいる人は、免疫機能が高まり、時にはがん細胞を消してしまうような、お医者さんでも驚きの症例もあるようです。

 

どんな病気も、まずはママが深呼吸し、不安が赤ちゃんに伝わらない様にすることが特効薬になるような気がします。

 

こうしたママの不安を和らげる場所や相談できるお医者さんにめぐり会うというのも、間接的ではありますが、赤ちゃんにとって特効薬になるのかもしれません。


早期妊娠検査薬


乳児湿疹のケア記事一覧

 

肌を清潔に保つまず、沐浴時の洗顔を見直します。お腹にいた時にママのホルモンの影響を受け皮脂がたくさん出て、それが原因の一過性の湿疹の場合は、丁寧に洗うことがポイント。その際、洗顔は石鹸で。新生児のうちは赤ちゃんも無理に顔を石鹸で洗う必要はないという人もいますが、乳児湿疹の場合は、皮脂を落とさないとニキビのように余計に湿疹がでてしまいます。赤ちゃんの肌を清潔に保つためにも、石鹸での洗顔にトライしまし...

 
 

沐浴の後の保湿続いてですが、沐浴でよく洗浄した後は保湿です。赤ちゃんの肌は洗浄の後、潤いを失います。大人が洗顔した後突っ張る。あれは乾燥が原因です。それと同様、沐浴の後はとても薄い赤ちゃんの肌です。潤いも逃げてしまいます。潤いが逃げたままだと、肌のバリア機能が低下し、外部刺激をさらに受けやすくなってしまい、湿疹を悪化させるとともに、ガサガサと肌荒れも起こしてしまいます。ベビー用のローション、乳液や...

 
 

湿疹が多く出るのは乳児期の赤ちゃん。母乳は赤ちゃんに不可欠な栄養源。しかし、粉ミルクと違い、ママの母乳はその日の体調や、その日食べたもので大きく変化します。授乳中にコーヒーなどカフェインの多いものやサプリメントの使用は避けた方がいいのはこのためです。乳児湿疹が出た時には脂っこい物や甘いものを控えてみましょう。これは、赤ちゃんの腸は未成熟なため、飲んだおっぱいをうまく分解できず、本来栄養となるべきも...

 
 

アトピー性皮膚炎のケア・湿疹がなかなか治らない・湿疹がジクジクしてきた・全身に広がってきた・乾燥してガサガサ・とても痒くてかきむしってしまう。・家族にアトピーの人がいるこのような症状の場合、一過性の乳児湿疹ではなく、アトピー性皮膚炎の可能性があります。アトピー性皮膚炎のはかゆみとの勝負でもあります。かゆみと二次感染を要望することにより、症状の悪化を食い止めます。アトピー性皮膚炎の治療には一般的な皮...

 
 

最善のケア乳児湿疹でお医者さんを受診しても症状の様子や経過、見た目などから診断されることが多いです。現にうちがそうでした。ほっぺ派少しジクジクしていて、体にもポツポツ。もう、明日にでもよくしてあげたい!検査できるんだったらしてほしい・・・。そう思わずにはいられませんでした。もしかしたら、アトピー!?であれば、検査してすぐ治療したい。その時私は、わが子の湿疹を治したいという気持で焦っていました。しか...