早期妊娠検査薬

出産手当金を退職後に受け取る

 

出産手当金を退職後にも受け取ることができる!
このことをご存知でしょうか?

 

出産手当金を退職後に受け取ることができる人というのは以下の内容に該当する人です。
まず、正社員、契約社員、パート、アルバイトに該当している人です。

 

勤務先の健康保険に加入して、継続をして1年以上経っていること、そして退職をした日から6ヶ月以内に出産をした場合にのみ対象となります。
さらに勤務先の健康保険に継続して1年以上加入し、退職時に任意継続をしており、継続中において出産をした場合です。

 

勤務先の健康保険に継続して1年以上加入しており、退職時には任意に継続をして任意継続終了時点から6ヶ月以内に出産をしている場合です。

 

ただし、2ヶ月以上1年未満での被保険者期間の場合においては、任意継続期間中における出産のみが対象になります。
任意継続期間の終了後の場合には産前42日分は対象となりますが、56日分は対象とはなりません。

 

健康保険の任意継続についてですが、任意継続というのは退職をしても2年間継続をして健康保険に加入することができる制度になります。
任意継続をすると会社がそれまでに負担をしてくれた保険料を実費で負担しなければなりません。

 

このように出産手当金を退職後にも受け取ることができるのかどうかにはいくつかの条件がありますので、そのことを十分に理解しておくようにしてくださいね。


早期妊娠検査薬